fbpx

バディー制度とは?企業で導入するメリット・デメリットを紹介

  • 教育の体制
  • 組織改善施策

【無料】人材定着、働きやすい組織づくりに!組織改善サービス「ハイジ」の資料請求はこちら

バディ制度とは

バディ制度とは、新入社員が入社してから職場に定着し、業務に慣れてもらうまでの期間、先輩社員が教育担当として面倒を見る制度のことです。

入社して間もないタイミングは、会社のルールやビジネスマナー、仕事のやり方や仕事を行う上で必要な知識が分からない状態ですので、先輩社員が付き添って教えることで1人前に成長させることを目的に様々な会社で導入されています。

OJT(On The Job Training)も新入社員を育成するための方法ではありますが、バディ制度はより明確に面倒を見る人が定められその人から様々なことを学ぶものとされています。

↓その他の社員教育に関する詳細の記事はこちら↓
社員教育の目的や代表的な方法とは?ディズニーやトヨタの事例も紹介!

バディ制度を導入するメリット

バディ制度を導入するメリットは以下のようなものが考えられます。

  • 早期に仕事のやり方を理解し、独り立ちできる
  • 早期に会社のルールや雰囲気を理解できる
  • 早期に会社や仕事に慣れることで離職リスクが軽減される
  • 困ったことや悩んでいることをいつでも相談できる
  • 教育を担当する人も教えることで知識が定着する

バディ制度のデメリット

一方、バディ制度を導入することで以下のようなデメリットが考えられます。

  • 教育を担当する人に大きな工数の負担が発生する
  • 教育を担当する人によってサポート・教育に差が出てしまう

従業員が定着し、活躍する組織を作ろう

今回は、バディ制度についての説明や、メリット・デメリットを紹介しました。
新しく入ってきた社員がなかなか成長しない、すぐに離職してしまうといった状況は既存の社員からしてもあまりよろしくありません。

組織サーベイツールの『ハイジ』では、「教育の体制」や「業務時間/量」などをはじめとした人材定着に結びつきの強い15要素48項目の組織・チーム状態を可視化できます。

無料でご利用いただけますので、ぜひ従業員が定着し、活躍する組織づくりにご活用ください。

ハイジの無料での利用開始はこちら:https://hygi.jp/trial

働きつづけられる組織へ

ハイジを活用し、「働きつづけられる組織を作る」を実現しましょう。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
専門の担当が詳しくご説明いたします。

月額0円でご利用いただけます。 無料ではじめる