fbpx

経営管理とは?目的や行うべきことや改善のポイントを紹介

  • 組織診断

【無料】人材定着、働きやすい組織づくりに!組織改善サービス「ハイジ」の資料請求はこちら

経営管理とは

経営管理とは、企業が経営活動や事業活動を行うことによって会社のビジョンや目標を達成するために、社内のリソースの調整や総括を行うことです。

具体的には、「生産管理」「販売管理」「労務管理」「人事管理」「財務管理」など会社の「ヒト、モノ、カネ」を管理することが求められます。

経営管理の目的

経営管理の目的は、企業のビジョンや目標を達成する上で「ヒト、モノ、カネ」を管理して、リソースの配分を調整することや、それぞれのリソースが最大限パフィーマンスを発揮させるための仕組みを作ったり、投資したりすることです。

そのため、会社のミッションスローガンを掲げて、従業員の向かっていく方向性を合わせるために行動指針を策定することや、経営活動におけるパフォーマンスを見える化することで各部門にどの程度のリソースが必要かを把握して調整・調達することなど、非常に重要な役割を担っています。

経営管理と経営企画の違い

経営管理とよく似た言葉で経営企画というものがありますが、大きな違いは経営企画は会社の戦略を立ててその実行をしていくのに対して、経営管理はその活動のモニタリングを通してリソースの調整を行うという違いがあります。

企業によっては、経営管理も経営企画の中に含まれることもありますが、違いとしては経営計画の策定や計画を立てる上での調査等は、経営管理には入らないことがあります。

経営管理の活動でやるべきこと

経営管理の活動を行う上で、やるべきことは以下の4つです。

  • 事業活動の流れを見える化する
  • 経営活動の計画と実績の予実を見える化する
  • 経営活動や事業活動における重要指標の予実を見える化する
  • 経営活動や事業活動の実績や計画を元にした将来の業績予測ができるようにする

経営管理の改善方法とポイント

経営管理を行う中で企業活動や事業活動を改善するための方法とポイントとしては、以下の4つがあります。

1.経営管理を行うためのERPやRPAツールの導入

経営管理を行う中で情報を集約してリアルタイムに管理や調整できるツールを活用することで、様々な資料を読み込んでExcelで分析を行う大きな手間が省けます。

また、データを蓄積していくことで、そのデータを元に様々な課題の発見や分析を行うことにも繋がるため、企業の実態に合わせてスピード感を持って経営管理を行うことが可能になります。

2.経営活動を可視化するBIツールの導入

経営管理を行うためのツールと同時に導入したいのが、経営活動やその重点指標の予実を可視化するためのBIツールです。

今の実績はどうなっているのか、各重点指標はどうなっており、今後の着地はどうなりそうなのかが分かることで、すぐにリソースの調整や調達に着手することが可能になります。

また、このデータを必要な人に共有しておくことで、メールなどでデータをまとめて送る手間も省けて、全員がリアルタイムに会社の状態を把握することが可能になります。

3.経営管理の重点指標を各レイヤーの指標にまで落としこみを行う

経営管理でウォッチしている指標を各レイヤーごとに分解を行い、各レイヤーごとに自部門の予実をすぐに把握するとともに、課題をすぐに検知できるようにしてもらうことも重要です。

経営管理でウォッチしている指標に問題はなかったとしても、部門ごとの指標を見てみると、特定の指標の悪化傾向が見られたりする可能性があります。

そのため、できる限り早く問題を検知して対策を実行していくためにも、レイヤーごとの指標を設定してウォッチしてもらうこと、そして問題が発生している場合は上司に報告するとともに解決策の実行に取り掛かってもらうように指示しておくことでリスクを最小限に抑えることができます。

4.人事管理において従業員の異常を早期に検知できるようにする

経営管理を行う上で、従業員の状態を把握して、問題があれば早期に解決することが非常に重要です。

組織における課題を早期に検知するために、『ハイジ』のような無料の組織サーベイツールを1ヵ月~半年に1回実施して、従業員が働く上での問題はないかや従業員単位で困っていそうな方がいないかを発見して早期に解決を測りましょう。

人材が定着しないことで、事業活動が上手く行かず経営に大きな影響を与える可能性もありますので、「人事管理」にも力を入れることをオススメします。

経営管理における「人事管理」はハイジをご活用ください

今回は、経営管理の役割や改善する方法・ポイントを紹介しました。

組織サーベイツールの『ハイジ』では、経営管理の中でも人事管理を行う上で、従業員の異常を早期に検知することができることや、組織全体の中での課題を一早く検知できます。

無料でご利用いただけますので、組織における課題の可視化や異常の早期発見にぜひご活用ください。

ハイジの無料での利用開始はこちら:https://hygi.jp/trial

働きつづけられる組織へ

ハイジを活用し、「働きつづけられる組織を作る」を実現しましょう。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
専門の担当が詳しくご説明いたします。

月額0円でご利用いただけます。 無料ではじめる