fbpx

2020年施行の「同一労働同一賃金」とは?派遣社員の賃金、企業側の罰則について解説

同一労働同一賃金とは

同一労働同一賃金の内容

同一労働同一賃金とは、正規雇用者と派遣やパート・アルバイトなどの非正規雇用者の間の不合理な賃金や待遇の格差の解消を目的に実施されるルールです。

これまでは同じ仕事内容であっても、正規雇用と非正規雇用では給与の額に大きな開きがあるなどと雇用形態の差によって格差がありましたが、こういった不条理な格差を是正し、個々人の事情に合わせてより様々な働き方を選択できる社会を目指して実施されます。

同一労働同一賃金はいつから適用される?

同一労働同一賃金は、

  • 大企業は2020年4月から導入
  • 中小企業は2021年4月から導入

されます。

 

ただ、派遣労働者に関しては、派遣労働者法の施行により、

  • 大企業も中小企業も一律で2020年4月から導入

となります。

 

同一労働同一賃金を違反した時の罰則はある?

同一労働同一賃金のルールを企業が違反としても、今のところ罰則はありません。

ただ、同一労働同一賃金のルールに違反して不合理な待遇格差があった場合、従業員から待遇格差について損害賠償請求(差額請求)を受けるリスクがあります。

働き方改革に伴う同一労働同一賃金を実施する目的

同一労働同一賃金は働き方改革の1つの重要テーマとされており、「世界人権宣言」の第23条でも「すべての人は、いかなる差別をも受けることなく、同等の勤労に対し、同等の報酬を受ける権利を有する」と明記されていることから、日本でも雇用形態による格差是正を目指して導入されました。

派遣やパートの人は同一労働同一賃金により何が変わる?

「同一労働同一賃金」の導入により、正社員と同様の仕事を行う派遣やパートの人には、正社員と同等の人事考課や昇級の対象とされる他、教育訓練の機会も公平に与えられます。

そのため、賃金だけでなく仕事におけるキャリアアップの機会、福利厚生などの待遇等が同等になるため、より活躍の場が与えられることが期待されます。

厚生労働しゅが定める同一労働同一賃金のガイドライン

厚生労働省では、同一労働同一賃金のガイドラインを設定し、企業が何をいつまでに準備する必要があって、何を禁止されているのかが記載されています。

ガイドラインURL:同一労働同一賃金ガイドライン

全ての従業員が定着し、活躍する組織を作りましょう!

組織改善サービス「ハイジ」では、人材定着に関わりの強い15の項目の満足度を取得が可能です。
雇用形態ごとのデータを可視化なため、「教育の体制」「業務量と時間的負担」などの項目で、雇用体系による格差を解消するための課題を可視化し、自社に適した解決策を講じて行くことが可能となります。

無料でご利用いただけますので、ぜひ全ての従業員が定着し、活躍する組織作りにぜひご活用ください。

ハイジの無料での利用開始はこちら:https://hygi.jp/trial

働きつづけられる組織へ

ハイジを活用し、「働きつづけられる組織を作る」を実現しましょう。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
専門の担当が詳しくご説明いたします。

月額0円でご利用いただけます。 無料ではじめる