fbpx

人材育成を行う上での重要な3つのポイントとは?取り組みの進め方や方法を紹介!

  • 教育の体制
  • 組織改善施策

【無料】人材定着、働きやすい組織づくりに!組織改善サービス「ハイジ」の資料請求はこちら

人材育成とは

人材育成とは、仕事を行う上で必要な知識やスキルを習得してもらい、企業のビジョンや目標を達成するための人材になってもらうべく育成を行うことです。
従業員の成長を実感してほしい、成長の機会を提供したいということで福利厚生の一環として提供している企業もありますが、本来の最終目的は個人の成長を支援することで企業が成長することです。

今後はますますの労働力人口の減少が予想されており、従業員の生産性の向上は多くの企業での課題になることが予想されますので、今後ますます多くの企業が人材育成を行なっていくと考えられています。

人材育成の目的

人材育成の目的は上述の通り「企業のビジョンや目標を達成」です。

他の企業がやっているからという理由で導入しても投資対効果はあまりよくありませんので、企業のビジョンや目標を達成するためにどのように人材を育成していくべきなのかという計画・ロードマップを立てた上で導入を開始しましょう。

人材育成の取り組みの進め方・枠組み

人材育成の取り組みの進め方・枠組み

人材育成の取り組みの進め方は、厚生労働省の資料でも公開されており、その4つの手順を詳しく説明していきます。

1.自社の課題の可視化

まずは、ハイジなどの組織サーベイツールを活用して、自社の人材育成を行うに当たって、どの部署・どの年代・どの役職に課題があるのかを可視化しましょう。

課題を可視化することによって人材育成を行うべき対象が明確になります。

2.課題に応じたツールやサービスの検討

続いて1で明確になった課題を解決するために適したツールやサービスの導入の検討を行います。
人材育成の中でも、セミナーや研修型・eラーニング型・OJT/1on1型など形式は様々です。
どのような内容にするかと共にどの形式で実施するのが一番効果がありそうかも含めて検討を行いましょう。

3.ツールの導入・全社への展開

2で利用するツールやサービスが決定したら導入の準備に入っていきます。
会社の業務スケジュールやカレンダーとも照らし合わせながらどのタイミングでどういう流れで全社に展開をしていくのかの計画を立てます。
またここでは一気に全社に展開するのではなく、一部の部署で導入してその反響や振り返りを経て、全社に展開するという方法で進めていく方法もあります。

4.人材育成施策の効果検証

人材育成の施策が導入されたら、必ずハイジなどの組織サーベイツールを使ってどの程度効果があったのかを検証しましょう。
この効果検証をしなければ、人材育成を行う目的は達成されなくなる可能性がありますので、必ず効果検証を行い、更なる改善・更なる人材育成の施策を考えていきましょう。

新入社員の育成の方法

新入社員は、社会人経験がないこともあり中途社員の育成の方法とは違った方法を取る必要があります。

  • 内定者研修・新入社員向け研修(会社のビジョンや戦略・社会人の基礎を学ぶ)
  • OJT・現場研修(本配属後の業務に関する研修)
  • 1on1(定期的に仕事で困っていることや課題を上司と解決を行う)

などの方法で育成を行なっていく企業が多いです。

人材育成を成功させるポイント

人材育成を成功させるポイントとしては、以下の3つがあります。

人材育成を行う上での目的やゴールを明確にする

まず人材育成を行う上で、自社で行う目的やゴールを明確にすることが非常に重要です。

その目的やゴールを達成するために現場とのギャップをどう埋めていくかという考え方で人材育成の施策を選定しましょう。

従業員が自発的に取り組める環境を作る

人材育成を行なっていく中で、一方的に会社から従業員にタスクのように押し付けられた場合は、あまり積極的に進める気分にならずにただこなすだけになってしまう可能性があります。

人材育成のツールやサービスなどの環境を提供し、目標設定は従業員自身にやってもらうなど自発的に取り組めるように実施しましょう。

人材育成の施策を行なった後に効果検証をする

人材育成を導入する目的やゴールは達成できたのか、そして足りない場合や更なる成長をしていくためには次に何をするべきかの効果検証と分析を行いましょう。

ハイジを活用して自社に合った人材育成手法に取り組もう!

組織改善サービスのハイジでは、従業員アンケートにより「教育の体制」などの人材育成に結びつきの強い15項目の満足度を測定が可能です。
定量的な可視化が可能なため、人材育成を行う前の課題の特定や、施策を行なった上での効果検証としてご活用いただけます。

無料で従業員アンケートやシステムでの分析を行なっていただけますので、ぜひ人材育成の取り組みと合わせてご活用ください。

ハイジの無料での利用開始はこちら:https://hygi.jp/trial

働きつづけられる組織へ

ハイジを活用し、「働きつづけられる組織を作る」を実現しましょう。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
専門の担当が詳しくご説明いたします。

月額0円でご利用いただけます。 無料ではじめる