fbpx

離職の原因の8割を占める「ハイジーンファクター(衛生要因)」の意味や内容とは

  • 組織診断

【無料】人材定着、働きやすい組織づくりに!組織改善サービス「ハイジ」の資料請求はこちら

日本における自主都合退職の理由の約8割を占める「ハイジーンファクター」。
従業員の不満足を解消することで望まない離職を防ぎ、働きやすい環境になることでより業務に集中できます。
今回は、ハイジーンファクターの意味や定義、ハイジーンファクターの具体的な内容について紹介します。

ハイジーンファクターとは?

ハイジーンファクターは和訳すると衛生要因で、「心身の健康状態」「会社での人間関係」「職場環境」などの仕事における不満足に関わる要素を指します。

Hygiene_ Turnover

ハイジーンファクターは、アメリカの臨床心理学者であるフレデリック・ハーズバーグが提唱した「二要因理論」に基づく概念で、日本における自己都合退職の約8割がこのハイジーンファクターに起因するとされています。

ハーズバーグの二要因理論

Motivator-Hygiene Theory

二要因理論(動機付け・衛生理論)とはアメリカの臨床心理学者であるフレデリック・ハーズバーグが提唱した職務満足・職務不満足を引き起こす要因に関する理論です。

ハーズバーグは、人のモチベーションの要因を研究する中で5000ほどのインタビュー形式の調査から人事労務管理に必要な要素を「動機付け要因(Motivator Factors)」と「衛生要因(Hygiene Factors)」の2種類に分けて考えるべきという主張を展開しました。

動機付け要因

動機付け要因(モチベーター)には、仕事における達成や上司/周囲からの承認、昇格/昇進などの仕事の内容に関することが含まれます。
ハーズバーグの二要因理論では、動機付け要因が満たされると満足感をもたらしますが、満たされなくても不満足感を生み出す訳ではありません。

詳細記事:モチベーターの意味とは?モチベーターの特徴や企業が取り組むべきことを紹介

衛生要因

衛生要因(ハイジーンファクター)は、「人間関係」「職場環境」などの仕事の不満足に関する要素です。
衛生要因は不満足要因とも呼ばれ、満たされないと職務不満足を引き起こします。
衛生要因が満たされないことが続くと、仕事を続けられなくなるという自体に陥ってしまいます。
逆に衛生要因を満たせると従業員の不満を予防・解決でき、望まない離職を防げます。

ハイジーンファクターに含まれる要素

hygiene_factor

ハイジーンファクターには、
・会社の方針
・職場での人間関係
・労働条件
・仕事の環境
などのマズローの欲求五段階説でいう「生理的欲求」「安全の欲求」「所属と愛の欲求」の一部が当てはまります。

ハイジではさらに細かく
・執務環境
・リフレッシュ環境
・チームワーク
・社内の雰囲気
・適正な労働時間
・休暇の取りやすさ
・制度の充実
・周囲の理解
・フィジカルヘルス
・メンタルヘルス
・私生活の充実と支援
・生活負担の軽減
の12要素に分解し、アンケートでそれぞれの項目をスコアリングしています。

ハイジーンファクターの可視化・改善サービス「ハイジ」

『ハイジ』は、ハイジーンファクターを12項目に分類し、従業員の組織に対して抱えている課題を見える化し、改善に繋げていくサービスです。

ハイジーンファクターを満たすことで職務不満足を軽減・解消でき、働き続けたくても働けなくなることを防ぎます。

アンケート調査や回答の収集・分析などのデータの可視化を無料で行うことが可能です。

人材定着や離職率の低下、組織課題の可視化に課題がある企業さんはぜひご活用ください!

ハイジの無料での利用申込はこちら:https://hygi.jp/trial

 

働きつづけられる組織へ

ハイジを活用し、「働きつづけられる組織を作る」を実現しましょう。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
専門の担当が詳しくご説明いたします。

月額0円でご利用いただけます。 無料ではじめる