fbpx

意識改革の意味とは?成功させるための方法とポイントを紹介!

  • 組織診断
  • 経営への信頼

【無料】人材定着、働きやすい組織づくりに!組織改善サービス「ハイジ」の資料請求はこちら

意識改革の意味とは

意識改革とは、仕事を行う上や組織で働く中で考え方や態度などを変えるという意味で使われます。
これまでの業務の取り組み方や優先順位の付け方、意思決定における判断基準などの意識を変えていくことで、最初は意識からですがそれが習慣となり行動も伴って変わって行きます。

個人で意識改革を行う場合のポイントとしては、

  • 無理に大きく変えようとせず始めは小さく変える
  • 自分を客観視した上で何から変えるべきかの課題を把握する

の2つがあります。

自分だけだと意識改革が難しい場合は、上司や同僚に協力してもらい小さく少しずつ積み重ねていきましょう。

意識改革を行う目的

意識改革を行う上では、何を目的に従業員の意識を変えるのかが重要になります。

よくあるケースとしては、

  • ビジョンや目標達成
  • 利益創出や経費削減
  • 働き方や生産性の向上
  • チームでの連携

などがあり、それぞれ何をゴールに設定して意識改革を行うのかでも従業員がそれぞれ意識することも変わってきます。

意識改革を実施するメリット・効果

従業員の意識改革を実施するメリットや効果としては以下のようなものがあります。

1.ビジョンや目標達成に向けて全員の方向性を統一できる

意識改革を行う上で、目の前の業務をただこなすのではなく、最終的にどこに向かっているのかを理解し意識してもらえるだけで、仕事へのやりがいを感じ、取り組む姿勢や実際に取り組む内容も変わることが期待されます。

2.組織文化の醸成

従業員の意識改革の目的が会社が定めるバリューや行動指針に基づくものであれば、従業員はその推奨された行動や思考をするように意識しますので、それが全員に浸透することでその会社ならではの組織文化になっていきます。

3.自分自身やチームの働き方を見直す

意識改革によって生産性を上げる意識が浸透した場合は、短い時間の中でどのような優先順位をつけて取り組めば良いのかを常に考えるようになるため、個人の生産性やチームの生産性も上がることが期待されます。

意識改革を行う方法とポイント

意識改革を行う方法

従業員の意識を変えて行くには以下の手順で進めていきます。

  1. 組織における課題や現状を把握する
  2. 課題や現状を元にどういう組織にすべきかの目標・ゴールを定める
  3. その目標・ゴールを達成するために意識改革の内容を具体的にして、従業員に明示する
  4. 経営者や管理職・上司が率先して意識改革を実践する
  5. なかなか意識改革がうまくいかないメンバーは上司や同僚が協力する

上記の流れで意識改革を進めていき、上司から率先して意識改革を行いそれが全員にとって当たり前になるように根付かせていきましょう。

意識改革を行う際のポイント

そして意識改革を行う中でのポイントは、上記の流れの中で、

  • 意識改革を行う目的や具体的な内容を明示する
  • 従業員が自発的に取り組むような伝え方をする
  • 上司や経営者が率先して取り組む
  • なかなか意識改革がうまくいかないメンバーは周りが協力する

などが重要なポイントになります。
人の意識は簡単には変わりません。
きちんと目的を共有するとともに少しずつ意識を変えてもらえるように従業員全員で協力して取り組んでいくようにしましょう。

組織改善サービス『ハイジ』を活用し、組織の意識改革を進めましょう

従業員の意識改革は会社として大事な目標やゴール、そしてその理由を伝えるとともに長い時間をかけて取り組んでいくことが重要です。
同時に従業員が働きやすい環境を整えていくことで、より意識改革が意図した方向に進む可能性が高まります。

組織サーベイツールの『ハイジ』は従業員の方のアンケートを元に組織の課題を可視化するサービスです。
「無料」でご利用いただけますので、ぜひ意識改革の取り組みと同時に取り組んでみてください!

ハイジの無料での利用開始はこちら:https://hygi.jp/trial

働きつづけられる組織へ

ハイジを活用し、「働きつづけられる組織を作る」を実現しましょう。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
専門の担当が詳しくご説明いたします。

月額0円でご利用いただけます。 無料ではじめる