fbpx

日本で長時間労働の問題が発生する要因と解決するための対策法とは?

  • メンタルヘルス
  • 業務量と時間的負担
  • 組織改善施策

【無料】人材定着、働きやすい組織づくりに!組織改善サービス「ハイジ」の資料請求はこちら

長時間労働とは

長時間労働とは、法的には明確に何時間以上というのは決められていませんが、一般的には本来予定されている就業時間よりも長い時間労働を行う事を意味します。

ただ、労働基準法では1日の労働時間の上限を8時間、1週間で40時間(休憩時間は除く)とされており、36協定では時間外労働の上限時間は「原則月45時間、年間360時間以内」と定められています。

厚生労働省では、時間外労働と休日出勤の合計時間が月に45時間を超えた場合は、健康や心理的に負担が大きい可能性があるとされており、企業にも労働者に対しても注意喚起を行なっています。

日本における長時間労働の実態

日本の平均の労働時間は減っている

日本_労働時間_推移

参照元:平成28年社会生活基本調査_総務省

総務省が実施した社会生活基本調査によると、週の平均での仕事の時間は減少傾向にあり、男女ともに労働時間はは10分~30分ほど減っていることが分かります。

長時間労働者の割合も減っている

日本_週の労働時間_推移

参照元:我が国における時間外労働の現状 – 厚生労働省

また厚生労働省が行なった調査によると、週の労働時間が60時間以上の者の割合は、少なくなっている傾向にあるため、働き方改革の推進などで改善はされつつありますが、まだまだ長時間労働における問題は完全に解決したとは言えない状態です。

長時間労働が原因で従業員が引き起こす問題

メンタルヘルス_不調_原因

長時間労働が原因で従業員が引き起こす問題としては、メンタルヘルスやフィジカルヘルスの不調による鬱になってしまうことによる休職や退職、場合によっては過労死となってしまう可能性があります。

真面目で頑張り屋な人ほど、自分の限界に気づかずに仕事に集中してしまいますので、企業として労働時間やメンタルヘルスの状態に注意しておく必要があります。

詳細記事:【重要】メンタルヘルスの不調の原因や不調のサインと対応方法を紹介

長時間労働が会社に与えるデメリット

長時間労働を行うことによる、会社に与えるデメリットとしては以下のようなことが考えられます。

長時間労働を行うデメリット1:モチベーションや生産性の低下

長時間労働が続くことによって心身ともに疲弊してしまい、仕事への思いややりがいを見失うことでモチベーションが下がってしまうこと、そして疲れが残っている状態で働くことにより生産性が下がってしまうことが考えられます。

長時間労働を行うデメリット2:離職率の増加

長時間労働が続くことで、もっと労働条件が良い会社で働くことを選択したり、無理を続けることで働き続けられなくなったりと、離職率が高くなる傾向にあります。

長時間労働の根本の問題が解決されない限り、同じ問題を繰り返しますので、人の入れ替わりが激しい離職率が高い会社になってしまいます。

長時間労働を行うデメリット3:36協定違反による罰則

36協定では、時間外労働の限度時間が定められています。
この限度時間を超える長時間労働が行われている場合は、労働基準法に違反したとして罰則が与えられます。

長時間労働が発生する原因

長時間労働が発生してしまう原因としては、以下のようなことが考えられます。

  • 労働時間を計測/管理できていない
  • 人手不足で業務過多になっている
  • マネジメントができていない
  • 長時間労働をしない/減らそうという従業員の意識や取り組みが不足している
  • 長時間労働が会社では是とされている

大きく分けると「管理」「人手不足」「意識・文化」などが原因となっています。

長時間労働問題の対策方法

会社として長時間労働の問題を対策する方法としては、以下の3つがあります。

長時間労働問題の対策1:労働時間の計測や管理を行う

まずは従業員がどのくらい働いているのかを計測していきましょう。
タイムカードのように紙で管理する方法もありますが、長時間労働を防ぐためには日々の労働時間の状況を把握する必要がありますので、クラウドサービスの利用がおすすめです。
従業員の状況に合わせて日次や週次で管理を行い、長時間労働の傾向がある従業員やそのチームのマネージャーに、アラートを出すことや改善できないかのフォローを行っていきましょう。

長時間労働問題の対策2:管理職向けの研修やセミナーの実施

管理職向けになぜ長時間労働が問題となっているかという説明から、長時間労働の問題を解消する方法、管理する方法などを研修を通して伝え、チームの中でも長時間労働が起こりにくい状態を作っていくことが重要です。

長時間労働問題の対策3:有給取得の推進やノー残業デーの実施

会社全体としても対策を行なっていくために、普段から心身の不調が発生しないように有給休暇の取得を推奨してリラックスしてもらうことや、制度として残業が発生しないように特定の曜日にノー残業デーを設けることも対策の1つの手です。

ただ、強制的に休ませるだけでは根本の問題を解決されませんので、根本の問題が発生している背景を探り、きちんと問題を解決していくことが重要です。

働き方改革で長時間労働は削減されるか?

働き方改革の項目_実施時期

働き方改革の推進に伴い、「時間外労働の罰則付き上限規制」や「労働時間の客観的な把握」が実施されることになったため、国を挙げて解決に努めようとしていることが分かります。

そのため、今後さらに過労死やメンタルヘルスの不調を無くしていくために長時間労働は減少していくと考えられます。

長時間労働の問題をいち早く検知して、働きやすい組織を作りましょう!

長時間労働は、会社にとっても従業員にとってもメリットが少なく、デメリットが非常に大きい問題です。
長時間労働の問題をいち早く検知し、その問題の原因を解決する仕組みを作っていくことが重要です。

組織サーベイツールの『ハイジ』では、「業務量」や「メンタルヘルス」など人材定着に結びつきの強い15項目の満足度を測定することが可能です。

無料でご利用いただけますので、長時間労働の問題を解決するためにもぜひご活用ください!

ハイジの無料での利用開始はこちら:https://hygi.jp/trial

働きつづけられる組織へ

ハイジを活用し、「働きつづけられる組織を作る」を実現しましょう。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
専門の担当が詳しくご説明いたします。

月額0円でご利用いただけます。 無料ではじめる