fbpx

若手社員の育成が重要な理由と実施する際のポイント

  • 教育の体制
  • 組織改善施策

【無料】人材定着、働きやすい組織づくりに!組織改善サービス「ハイジ」の資料請求はこちら

若手を対象とした育成が重要な理由

若手を育成する目的は「早期の活躍」のためです。

若手はどうしても社会人経験がなかったり、少なかったりするために仕事を行う上での知識やスキルがまだまだ足りていないことが考えられます。

その知識やスキルを活躍できるレベルに持っていくために育成を行うことが重要で、各社それぞれで必要な内容を元に研修や指導を行うことで若手の育成を計っています。

今の若手の傾向とその背景

今の若手社員の世代は、ミレニアル世代と言い、経済が長く停滞していた時代に学校や家庭で育ってきたという背景もあり、以下のような特徴があります。

  • 与えられた仕事を確実にやり遂げる
  • 自分の考えや意思を持っている
  • 怒られることに対しては慣れていない
  • 失敗することを避ける
  • 情報感度が高い
  • 人と関わることが苦手

あくまでも傾向ではありますが、これらの傾向を抑えた上で育成を行っていくことが重要です。

若手を対象とした育成の種類

若手を対象とした育成の方法には以下のような種類のものがあります。

若手の育成方法1.内定者研修/新卒向け研修

新卒として入社する前や入社した後に実施する研修のことです。
会社の戦略やビジネスマナーなどを最初にインプットするために実施します。

若手の育成方法2.1o1

1on1とは、上司と週に1回~月に1回のペースで上司と部下の1対1で行う定期的なミーティングです。
「対話」を通してキャリアや仕事を行う上での悩みを聞き、フィードバックやサポートを行います。

↓詳細の記事はこちら↓
【1on1の活用シート付】1on1の意味とは?ヤフーが導入した部下育成の方法を紹介

若手の育成方法3.OJT

OJTとは、OJTは「On The Job Training」を略した言葉で、通常業務を行う中で必要な知識をインプットしていくやり方です。
先輩の社員が付いて、先輩社員の仕事を見たり教えてもらいながら学んでいくやり方です。

若手に必要な育成の内容

若手に必要な育成の内容で、代表的なものは以下のようなものです。

  • 会社におけるルール
  • ビジネスマナー
  • 会社の組織体制
  • 仕事の進め方
  • 仕事の振り返り方法
  • コミュニケーションの取り方
  • ロジカルシンキング
  • 自社の業界に必要な知識

若手を育成する際のポイント

若手を育成していく際に気をつけたいポイントは下の10つです。

  • 育成を行う前に育成のゴールを設定する
  • 若手に対してなぜ育成が必要・重要なのかを理解してもらう
  • 若手でもそれぞれが異なる特徴や性格であることを理解して接する
  • 「教える」のではなく「引き出す」「気づかせる」
  • 思い込みで接さず、どのように考えているのかを聞く
  • 育成を行う側は見本となるような立ち振る舞いを行う
  • こまめに声をかけて様子を伺う
  • 失敗しても次はどうしたら失敗しないかを一緒に考える
  • 過度な期待はかけすぎない
  • 若手の課題や悩みを気づける仕組みを用意する

上記の内容に気をつけ、若手1人1人の成長を支援していきましょう。

若手が抱えている課題を可視化し、必要な育成を行っていこう

若手が業務を進める上での課題に感じていることや悩んでいることは把握できていますか。
また、育成の施策の効果を検証できていますでしょうか。

上記の問題を解決するのが、組織サーベイツールの『ハイジ』です。
『ハイジ』では、従業員のアンケートを通じて「育成」や「評価」を始めとした人材定着に関わりの深い15項目の満足度を測定可能です。

無料でご利用いただけますので、若手の課題の可視化や若手の育成施策の効果検証にご活用ください。

ハイジの無料での利用開始はこちら→https://hygi.jp/trial

働きつづけられる組織へ

ハイジを活用し、「働きつづけられる組織を作る」を実現しましょう。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
専門の担当が詳しくご説明いたします。

月額0円でご利用いただけます。 無料ではじめる