fbpx

プラトー現象とは?訪れた時に意識したい2つのポイントを紹介

  • 上司との関係
  • 組織改善施策

【無料】人材定着、働きやすい組織づくりに!組織改善サービス「ハイジ」の資料請求はこちら

プラトー現象とは

プラトー現象とは、努力しているにも関わらず、成長を感じられない状態のことを指し、別名高原現象と言います。

仕事だけでなく、スポーツや勉強などでも同じようなことがあり、一定までは成長を感じながら進められますが、ある時から成長を実感できなくなってしまいます。

プラトー現象とスランプの違い

プラトー現象とスランプの違いとしては、

  • プラトー現象は「成長を感じられなくなった状態」
  • スランプは「これまでできていたことができなくなってしまう状態」

を指します。

仕事に置き換えると、営業活動において急に受注を獲得できなくなることはどちらかというとスランプを指し、営業のスキルが向上しないなと感じるのはプラトー現象と言えます。

プラトー現象の期間で重要なこと

プラトー現象の期間において重要なことは、

  • プラトー現象の期間中であることを認識すること
  • 努力をすることを辞めないこと

が重要です。

脳はこの期間中にも、思考や知識を整理するなどと必要な作業を行なっています。

プラトー現象を乗り越えた先にさらなる成長ができる可能性がありますので、部下や周囲のメンバーが困っていたら上記のポイントをアドバイスするようにしてください。

チームのマネジメントを行う際はプラトー現象というものがあることを理解しましょう

今回は、プラトー現象について紹介しました。

部下が伸び悩んでいる、自分で成長を感じられていないという時はもしかするとプラトー現象に陥っている可能性があります。腐らずにやり続けることが重要ですので、ぜひ上司の方はアドバイスの際の参考にしてください。

組織サーベイツールの『ハイジ』では、「チームワーク」「教育」など人材定着に結びつきの強い15項目の満足度を測定し、組織・チームの課題を可視化できます。

ぜひ、組織全体の改善やチームのマネジメントにご活用ください。

ハイジの無料での利用開始はこちら:https://hygi.jp/trial

働きつづけられる組織へ

ハイジを活用し、「働きつづけられる組織を作る」を実現しましょう。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
専門の担当が詳しくご説明いたします。

月額0円でご利用いただけます。 無料ではじめる