fbpx

SL理論とは?部下に合わせた4つのリーダーシップのスタイルを紹介

  • 上司との関係
  • 組織改善施策

【無料】人材定着、働きやすい組織づくりに!組織改善サービス「ハイジ」の資料請求はこちら

SL理論とは

SL理論とは、1977年にポール・ハーシーとケネス・ブランチャートが提唱した、「部下の習熟度や状況に合わせてリーダーシップのスタイルを変える必要がある」という理論です。

上司が部下をマネジメントする上で全員に対して画一的な管理や指導を行うのではなく、部下の「サポート・コミュニケーションの必要性」や「業務指示の必要性」などの習熟度に合わせた接し方を行うことで、部下に仕事を最後までやりきってもらうだけではなく、部下の成長に繋がります。

SL理論の4つの基本的リーダーシップ・スタイル

SL理論の4つの基本的リーダーシップ・スタイル

SL理論では、「サポート・コミュニケーションの必要性」や「業務指示の必要性」の大小に合わせて「教示型・説明型リーダーシップ」「説得型リーダーシップ」「参加型リーダーシップ」「委任型リーダーシップ」の4つのリーダーシップのスタイルがあります。

それぞれ具体的にどういうものかを説明します。

S1:教示型・説明型リーダーシップ

教示型・説明型リーダーシップでは、一般的に新人を対象にしたものです。

仕事に対して具体的な指示を出すとともに管理は細かく行うがサポートはそこまで行わずにまずは当人にやりきってもらいます。

S2:説得型リーダーシップ

説得型リーダーシップは、ある程度仕事に慣れてきた人向けのものです。

コミュニケーションを密に行い、仕事の意義や目的を伝えるとともに部下からの質問に納得がいくように答えていくことで、部下の仕事への責任感を芽生えさせたり、リーダーシップをとってもらえるようになってきます。

S3:参加型リーダーシップ

参加型リーダーシップは、業務を遂行する能力は高いが自分で意思決定できないという部下向けのものです。

仕事を遂行する能力は高いので、業務への指示は具体的には行わず、事業において重要なポイントや意思決定における基準を伝えたり、部下に自信を持ってもらうために不安なことを解消する・褒めることなどを通して支援していきます。

S4:委任型リーダーシップ

委任型リーダーシップは、仕事を遂行する能力や意欲が高く、指向性や判断基準なども説明をする必要が無いようなベテラン社員向けのものです。

部下と話し合って目標や課題の共通認識を持つこと、そして目標達成や課題解決のための仕事の進行を任せて、成果の報告をしてもらうという関わり方をします。

部下の抱える問題にいち早く気づける仕組みを作ろう

今回は、SL理論に基づく4つのリーダーシップの形式について紹介しました。
リーダーは部下に合わせてリーダーシップの取り方を変え、部下の仕事や成長をサポートしていく必要があります。

組織サーベイツールの『ハイジ』では、「上司との関係」や「やりがい」など人材定着に結びつきの強い15要素48項目の組織状態を可視化でき、チームで仕事が上手くいかない原因を特定することやメンバーの異常や問題を抱えていることを検知できるようになります。

無料からご利用いただけますので、ぜひ組織・チームで取り組む上での課題発見・解決、チームマネジメントにご活用ください。

ハイジの無料での利用開始はこちら:https://hygi.jp/trial

働きつづけられる組織へ

ハイジを活用し、「働きつづけられる組織を作る」を実現しましょう。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
専門の担当が詳しくご説明いたします。

月額0円でご利用いただけます。 無料ではじめる