fbpx

スーパーフレックス制度とは?導入後の最低勤務時間や休憩について紹介

  • 多様な働き方
  • 組織改善施策

【無料】人材定着、働きやすい組織づくりに!組織改善サービス「ハイジ」の資料請求はこちら

スーパーフレックス制度とは

スーパーフレックス制度

スーパーフレックス制度とは、従来のフレックス制度の内容からコアタイム(会社が定める出社する必要のある時間)を取り除いたものです。
そのため、働く時間に制約がなく、非常に自由度の高い勤務形態になっています。

ソフトバンクやNECなどの大手企業でもコアタイムを廃止したフルフレックス制度が導入されており、個人の裁量で働く時間や働く場所を決めることのできる企業も増えています。

スーパーフレックス制度が導入されるようになった社会背景

スーパーフレックス制度が日本で導入されるようになった社会背景としては、「働き方改革」に伴う「労働人口の確保」「働きやすい環境整備」にあります。

日本では少子高齢化に伴い、今後ますますの労働人口減少が考えられます。
これまでは決められた時間に決められた場所で働ける人しか就業出来ませんでしたが、労働人口を確保するのと同時に一人一人の都合や状況に合わせて、働けるような環境を整えるために導入されたのがスーパーフレックスです。

このスーパーフレックス制度の導入によって、介護が必要な方や何かしら時間に制約のある方も働けるようになりました。

スーパーフレックス制度を導入する4つのメリット

スーパーフレックス制度を導入するメリットは、4つあります。

優秀な人材の採用

どうしても時間や場所を固定してしまうと、そこで働くことのできる人の母数は減ってしまいますが、時間や場所の制約がなくなることで、そこで働ける人の母数が大きくなり、より優秀な人材を採用することのできる可能性が高まります。

人材の流出を防ぐ

介護や育児や個人の事情でどうしても時間の制約が発生してしまい、決められた時間に働けなくなった場合は、他の条件に合う会社に転職する必要がありますが、スーパーフレックス制度を導入することで1ヶ月の中で時間を自由に選んで働けるので、時間が原因の離職を防ぐことが可能です。

ワークライフバリューの実現

スーパーフレックスを導入することで、従業員自身が働く時間と場所を選べるので、業務の開始時間や終業時間を自分のライフスタイルと合わせての設定が可能です。

子供の送り迎えや親の介護、自分の怪我の通院などの前後で働くことや自分の体調と合わせて勤務時間を調整することも可能なので、より自分の価値観に基づいて仕事と家庭の両立が可能です。

生産性の向上

自分の生産性を最大限に上げることが可能な労働時間と場所を選択できるので、朝型・夜型の人はそれぞれ自分の体調やタイプに合わせて仕事を行えます。

他にもその日の仕事の内容によっても、会社や自宅、コワーキングスペースなどの働く場所を変えられるので、より個人のパフォーマンスが最大化されることが考えられます。

スーパーフレックス制度のデメリット

スーパーフレックス制度を導入することに夜デメリットは2つ考えられます。

社内コミュニケーションが取りにくくなる

従業員それぞれが自由に時間と場所を選んで働ける弊害で、誰かに相談しようと思った時に、その場で会話が出来ないことや連絡がつかないこと、会議の時間を調整しようとした時に人数が多くなるとなかなか調整するのが難しいことなどが考えられます。

そのため、スーパーフレックス制度のおいては、コミュニケーションが問題なく取れる仕組みやルール・機会を設定することが重要です。

クライアントとのコミュニケーションが取りにくくなる

クライアントから電話が掛かってきた時に出ることが出来なかったり、緊急で対応が必要なことが発生した時に対応出来ないことが考えられます。

そのため、上記のようなことを想定した上で体制や仕組みを構築することが重要です。

スーパーフレックス制度に関するよくある質問

スーパーフレックス制度の導入する際、就業規則はどうすれば良い?

スーパーフレックスの導入に当たっては、就業規則に始業・終業時刻を従業員が自主的に決定できるようにする内容を記載する必要があります。(労働基準法第32条第3項参照)
その後、労働者と労使協定を締結した上で導入を開始できます。

スーパーフレックス制度の最低勤務時間は?

月間で規定労働時間の終業が必要になりますので、「1日8時間 × 営業日の日数」の時間が最低勤務時間になります。

スーパーフレックス制度において休憩時間の決まりはありますか?

労働基準法34条により、労働時間が6時間を超える場合は45分間の休憩を、8時間を超える場合は1時間の休憩を取る必要があります。
一斉休憩が取れない場合は、休憩の付与方法を定め、取得時間の原則を定めるとともに取得する時間を労働者に任せることを就業規則等に規定しておく必要があります。

※詳しくは労働基準法をご確認ください。

働きやすい組織づくりを「ハイジ」で実現しませんか?

組織サーベイツールの「ハイジ」では、従業員が不満に感じていることをアンケートを通して定量的に可視化します。

ハイジのアンケートを通して「労働時間」「労働環境」の満足度もデータで取得できますので、自社の働き方の見直しや新しい制度を実施した後の効果検証を行うことが可能です。

「無料」でハイジでのアンケートの実施・システムでの結果の確認が可能ですので、離職や定着に課題を抱えており、改善したいと考えている方は、ぜひご活用ください。

ハイジの無料申し込みはこちら:https://hygi.jp/trial

働きつづけられる組織へ

ハイジを活用し、「働きつづけられる組織を作る」を実現しましょう。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
専門の担当が詳しくご説明いたします。

月額0円でご利用いただけます。 無料ではじめる