fbpx

組織サーベイツールを『ハイジ』に乗り換えるメリットと注意点とは?

  • 組織診断

【無料】人材定着、働きやすい組織づくりに!組織改善サービス「ハイジ」の資料ダウンロードはこちら

組織サーベイとは

組織サーベイツールとは、離職率の軽減や働きやすい組織作り、生産性・モチベーションの向上を目的に導入され、従業員アンケートを通して自社の組織の問題点・課題を発見し、課題解決に繋げるためのツールです。

組織サーベイは、調査の頻度に合わせて大きく「センサス」と「パルスサーベイ」の2種類に分けられ、用途や企業の課題に合わせて使い分けられます。

↓組織サーベイツールに関する詳細の記事はこちら↓
組織診断ツール・組織サーベイとは?活用の流れやオススメのツールを紹介!

組織サーベイツールの活用度合いチェックリスト

あなたの会社では、今の組織サーベイツールはどの程度活用できているか、下のチェックリストから確認してみてください。

  • 決められた頻度でアンケートの実施ができている
  • 組織サーベイを実施する目的を従業員に周知できている
  • 組織サーベイの結果を部門長などマネージャーに共有できている
  • 組織サーベイの結果の一部もしくは全部を従業員に開示できている
  • 組織サーベイの結果を元に施策の優先順位づけや実行に繋げられている
  • 組織サーベイの結果を求職者に開示するなど採用活動に活用できている
  • 組織サーベイの結果と生産性や離職率のデータと組み合わせて分析ができている

上記が全てできている企業は、非常にサーベイを活用できていると言えます。

『ハイジ』への組織サーベイの乗り換え(リプレイス)が増えている理由

組織サーベイツールの『ハイジ』ですが、非常に他社のサーベイツールからの導入が増えています。

その乗り換えが増えている理由は、主に以下の2つです。

1.コーポレート部門でのコスト削減

組織サーベイツールは、利用しているツールにもよりますが、月額数十万円、年間で数百万円以上(大手企業であれば4桁万円近く)必要となります。

しかし、組織サーベイツールの『ハイジ』では、アンケートの設計・集計・レポーティング、ほぼ同じ機能を無料でご利用いただけますので、コストカットを目的に乗り換え(リプレイス)が進んでいます。

2.組織の改善施策への投資を増やしたい

上述の通り、『ハイジ』に乗り換えることによって年間数百万円〜数千万円のコストカットになりますので、そこで浮いたコストを福利厚生や補助などと従業員の支援のために使うことでより生産性高くかつ従業員エンゲージメント高く働いてもらいたいという目的での乗り換えも増えています。

他社の組織サーベイツールから『ハイジ』に乗り換える際の注意

他社の組織サーベイツールから『ハイジ』に乗り換える際の注意点は、「データをそもまま移行できない」ということです。

そのため、一度これまで使っていた組織サーベイツールのレポートをエクスポートしてエクセルで管理するなど手元にデータを残しておく必要があります。

質問も全く同じではありませんので、新しく取れる項目があること、取れなくなる項目もあることを前提に乗り換えを行いましょう。

『ハイジ』を活用して組織の改善活動に力を入れよう

今回は、組織サーベイツールの乗り換えが増えている理由と、乗り換えの際の注意点を紹介しました。

組織サーベイツールの『ハイジ』では、「人間関係」や「評価」「やりがい」など人材定着に結びつきの強い15要素48項目の組織/チームの状態や職場推奨度等を可視化し、その後の組織改善に繋げることが可能です。

無料でご利用いただけますので、ぜひ従業員が定着・活躍できるような組織づくりにご活用ください。

ハイジの無料での利用開始はこちら:https://hygi.jp/trial

働きつづけられる組織へ

ハイジを活用し、「働きつづけられる組織を作る」を実現しましょう。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
専門の担当が詳しくご説明いたします。

月額0円でご利用いただけます。 無料ではじめる