fbpx

美容師の離職率はどのくらい?離職理由や離職率の低い美容室の取り組みを紹介

  • 組織改善施策

【無料】人材定着、働きやすい組織づくりに!組織改善サービス「ハイジ」の資料ダウンロードはこちら

美容師の離職率

日本において美容師免許を持つ人は120万人と美容師は人気の高い職業の1つですが、離職率は、1年以内の離職率が50%、3年以内の離職率が80%ほど、10年以内の離職率は90%ほどと非常に高いです。

他の業種では一般的に3年以内の離職率が3割ほどとされているため、入れ替わりが激しい職種とも言えます。

美容師が離職する理由

美容師が離職する理由としては、以下のような理由が多いとされています。

  • 朝の準備・朝礼から夜の片付け・終礼までと拘束時間が長い
  • 希望の日に休みが取りにくい
  • 休みの日が周りと合わない
  • 給与が低い
  • ずっと立ったままなどと体力的に厳しい
  • 人間関係に問題がある
  • オーナーや店長からの売上ノルマのプレッシャーが厳しい
  • 社会保険がないなどと福利厚生に不満がある

上記のように、労働条件や労働環境などの問題があり、それまでの理想と現実のギャップが大きいために離職するという方が多いとのことです。

美容師が定着する美容室の特徴

一方で、美容師が辞めることなく定着して活き活きと働いている職場もあります。

そのような美容室では、以下のような取り組みを行なっていたり特徴を持っています。

  • シフトは完全希望制にして、休日の日数も休日の日も自分で指定できる
  • 社会保険に加入するなどと福利厚生を手厚くする
  • 営業時間の見直しや2交代制などと勤務時間を調整する
  • 健康診断の受診の補助を出す
  • 給与の見直しや評価制度を設けてキャリアアップの仕組みを作る
  • 人間関係や雰囲気の良い組織づくりに投資する

上記のように、離職の内容に関して美容師がより働きやすいように意図して制度や施策に落とし込んでいる美容室は美容師が長く活き活きとして働いています。

美容師が定着する職場を作る方法

美容師が定着する職場を作るためには、会社としてどのようなコンセプト・方針でやっていくのかを明確に定めてそれに合う美容師を採用するとともに、勤務してから定期的に「アンケートなどで不満を把握し、改善に繋げること」です。

美容師がいきなり退職といったことが発生しないように、より働きやすい職場づくりを行うとともに、何か問題がありそうであればすぐにフォローを行えるような仕組みづくりを行うことが重要です。

美容師が定着し、活き活き働ける職場を作ろう

今回は、美容師の離職率や離職理由、美容師が定着・活躍するための職場づくりの方法を紹介しました。

夢を持って入社してきた美容師がその夢や思いを持ったまま働き続けられるよう、取り組んでいただければと思います。

組織サーベイツールの『ハイジ』では、「人間関係」や「心身の健康」「業務量・時間の負担」など人材定着に結びつきの強い15要素48項目の組織/チームの状態や職場推奨度等を可視化し、その後の組織改善に繋げることが可能です。

無料でご利用いただけますので、ぜひ美容師が定着し、活き活きと働ける職場づくりにご活用ください。

ハイジの無料での利用開始はこちら:https://hygi.jp/trial

働きつづけられる組織へ

ハイジを活用し、「働きつづけられる組織を作る」を実現しましょう。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
専門の担当が詳しくご説明いたします。

月額0円でご利用いただけます。 無料ではじめる