fbpx

ウェルビーイングの意味とは?注目される背景や向上させる方法を紹介

  • 組織診断

ウェルビーイングの意味とは?

ウェルビーイングとは、個人またはグループが身体的、精神的、社会的に良好な状態でを意味する概念で、幸福という意味合いで使われることもあります。

1946年に署名された世界保健機関(WHO)憲章 の草案の中で、「健康」について以下のように定義され、その中にウェルビーイングという言葉が使われています。

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態(well-being)にあることをいいます(日本WHO協会訳)

引用元:公益社団法人 日本WHO協会|健康の定義について

ビジネス活動でウェルビーイングが重要視されている背景

ウェルビーイングは元々、社会福祉の分野で利用される専門用語でしたが、近年では会社や組織のあり方、個人のワークライフバリューなどが議論される中で「ウェルビーイング」という言葉が使われることが増えたため、ビジネスの場でも注目されています。

最近では、企業が従業員のウェルビーイングを支援しようと、従業員アンケートを通してフィジカルヘルス・メンタルヘルス、人間関係の満足度を測定し、課題解決に努めようとする企業も増えています。

ウェルビーイングを構成する5つの要素

アメリカの大手コンサルティング会社のギャロップ社は、ウェルビーイングを5つの要素によって構成されると発表しています。

1.Career Wellbeing(キャリア ウェルビーイング)

仕事だけではなくボランティア活動や子育て、勉強などの一日の大半を費やしていることを含めた物をキャリアとした時の幸福。

2.Social Wellbeing(ソーシャル ウェルビーイング)

強い信頼と愛情で繋がっている人間関係を持っているかなどの人間関係の幸福。

3.Financial Wellbeing(フィナンシャル ウェルビーイング)

自分の資産を管理・運用できているかや報酬を得られる手段を持っているかなどの経済的な幸福。

4.Physical Wellbeing(フィジカル ウェルビーイング)

日々の活動にポジティブな感情を持って十分なエネルギーに満ちているかという身体的・精神的な幸福。

5.Community Wellbeing(コミュニティ ウェルビーイング)

住んでいる地域との関係性や会社や身近な関係性などの地域社会での幸福。

日本におけるウェルビーイングの現状

世界における幸福度ランキングでの日本の順位は低い?

ウェルビーイング_世界幸福度ランキング_日本

参照:長生きできても日本の幸福度は58位、G8中でワースト2-国連委嘱調査

国際連合が2019年に発表した「世界幸福度報告」の統計データによると、世界155ヶ国の中で日本は58位と先進国の中ではワースト2位という結果でした。

このことからもまだまだ日本ではウェルビーイングは浸透しておらず、上を目指す必要があることが分かります。

ウェルビーイングの高い国とは?

世界幸福度ランキングではフィンランドやデンマーク、ノルウェーなど北欧の国がランキング上位を占めておりました。

日本と比較すると「社会貢献などの寛容度」「人生選択の自由」などの項目が日本は非常に低いことが分かっています。

ウェルビーイングの取り組み事例

ウェルビーイングの取り組み事例:PwC Japan グループ

PwC Japan グループでは、「成功する人々はウェルビーイング(心身の幸福)を軽視しない。成功する組織はそこで働く人々がウェルビーイングを追求できるような環境を提供する。」という考えのもと、ウェルビーイングの活動に積極的に投資をしています。

具体的な取り組みとしては、

  • 法定検診以外の補助
  • 予防接種の補助
  • 歯科検診の補助
  • マッサージルームの設置
  • メンタルヘルス研修(全社員・管理職向け)の提供
  • 相談窓口(産業医・看護師常駐)の設置
  • 事業所内託児所の設置
  • リフレッシュ休暇を付与
  • コアなしフレックスタイムでの勤務

などなど、他にも幅広く取り組んでいます。

ウェルビーイングを向上させる方法

従業員に対してウェルビーイングの追求できるよう支援する会社も増えており、その活動自体が従業員満足度を高める他、採用活動における競合優位性にも繋がっており、今後ますます多くの会社が従業員のウェルビーイング向上に取り組むことが予想されます。

組織サーベイツールの『ハイジ』では、メンタルヘルスやフィジカルヘルスの他人材定着に必要な15の要素の満足度をアンケートを通して取得することが可能です。
無料でご利用いただきますので、ウェルビーイングの活動に力を入れると同時にご活用ください。

ハイジの無料での利用開始はこちら:https://hygi.jp/trial

働きつづけられる組織へ

ハイジを活用し、「働きつづけられる組織を作る」を実現しましょう。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
専門の担当が詳しくご説明いたします。

月額0円でご利用いただけます。 無料ではじめる